皆様からの情報提供には交流室と蓼科便りを設定しています。 交流室は文字のみで意見交換の場として大いに活用願います。

又蓼科便り(旧通信員便り)は原則的に写真を掲載出来る情報提供の場所ですが、皆様にも写真掲載の情報提供を大いに活用下さい。   

 

 なお、自由書き込みですが、当掲示板の主旨に外れた内容(非難、誹謗、中傷、議論など)のものは断りなく削除する場合があります。

また、個人情報保護のためメールアドレスや電話番号などの記載はご遠慮ください。

 

 

 

◆ 蓼科便り ◆

 

皆様からのお便りお待ちしています。

 

事務局に各地の情報をお寄せ下さい。送信先 info@joyful-tateshina.com

お名前と区画名(○○平等)をお知らせください。

なお、匿名ご希望の方は、匿名(○△○等)もお願いします。

寄稿は400字程度プラス写真2~5枚ほどでお願いします(写真が多くなるとデータ量が大きくなりますので当方で割愛させていただく場合があります)。 

 

 

 

 

「蓼科山日記」…その63 「長野県のご当地マンホールの蓋」           

 

20229 にしきの梟(フクロウ)

 

 

蓼科に山荘を建てて約28年、山荘を起点に長野県の観光地を色々巡り歩きました。

ふと気が付いた路上のマンホールの蓋がその地方の名産、風景などをカラフルに

表現していることに興味を惹かれ旅先で記録に残しました。その一部をご紹介致します。

 

最初に茅野市のマンホールの蓋…縄文のビーナス、仮面の女神、八ヶ岳、白樺、ニッコウキスゲ。 道の駅ビーナスライン蓼科湖のトイレの横蓼科湖側で見ることができます。

 

 

茅野市の花リンドウが綺麗な蓋

 

下諏訪町は細かな桜とツツジが綺麗です。

 

諏訪市のアヤメはとても鮮やか

 

6市町村流域下水道の蓋は御柱祭りが勇壮に描かれています。

 

岡谷市は花ツツジがとても綺麗。

 

原村は高山蝶のミヤマシロチョウが全面を舞っています。

 

富士見町はすずらんが可愛い。

 

松本の伝統民芸品「松本てまり」が描かれたデザインマンホール蓋です

 

大町市は黒部ダムでは無く立山とライチョウ

 

長野県上水内郡信濃町の野尻湖周遊道路に有る蓋はマンモス象

 

長野市 リンゴとりんごの花

 

長野冬季オリンピック記念のマンホールの蓋

 

長野県飯山市の飯山地域のマンホールです。 雪ん子の子どもたちが一本杖スキーをしているデザインです。

 

長野県飯山市の戸狩地域のマンホールです。 戸狩地域のマスコットキャラクターであるみみずくがデザインされています。周りは市の花であるユキツバキがデザインされています。

 

旧上田市のシンボルマークである「六花文」と「ツツジ」をあしらったデザインです。

 

童謡「てるてる坊主」の作詩者・浅原六朗は長野県池田町の出身。ということで、この町の下水道のマンホール蓋にはてるてる坊主がデザインされている。

 

小川村の北部にある「小川天文台」が描かれている。星空を飛んでいる蒸気機関車は出所不明。

全国どちらへ行ってもカラフルなご当地マンホールの蓋があります。

皆様も珍しいマンホールの蓋を見つける事が新しい旅の楽しみの一つなるかも知れませんよ。

 

 

 

 

 

 

今どき咲く木の花

 

              202299日 にしき平 Y.K.

 

 

ほとんどの木はこの時期実りの季節を迎え 実をつけ実を落とす時期にきている。代表的には栗の実が道路に落ちているのが目立ち始めているこの頃である。それにもかかわらず 今どき花を咲かせている木がある。この時期では珍しいので近づいて確認してみると クリーム色の小さな花をたくさんつけている。葉と幹の特徴からコシアブラらしく 調べてみると確かにコシアブラ。それほど多くあるわけでもないが新芽は山菜として愛されていることはよく知られている。

それほど目立つ花でもなく新芽は注目されるが ほとんど無視されてきたに違いない。里や都会では秋に咲く花に限らず冬にもサザンカのように咲く花もあるが 山地では9月ともなると紅葉が待たれるだけで花などには全く期待されていないとしか思えない。

 

今どきに咲く花ということで注意していると これまた山菜として貴重なタラノキにも花が咲いていて これもクリーム色の小さな花がたくさんついている。近頃はタラノキ自体ほとんどが鹿に食べられたり2本足の心無い動物に折られたりして すでに鹿の届かない高さにまで成長したものか鹿よけネットの中でしか見かけることができなくなってしまっている。加えて タラノキは必ずしも毎年花を咲かせるわけでもないようであり 山荘のネットのなかのタラノキはどれも今年は花をつけてはいない。

似たような花の付き方といい 同じ山菜ということで味も似たところがあるので調べてみたら 案の定 同じウコギ科の植物であった。ウコギ科はほかにもウドやらハリギリなど山菜として利用されるものが多いようである。ヤツデもウコギ科であるらしいが確かにコシアブラと葉も花の付き方もよく似ている。

 

いろいろ書いてはみたもののまた来年の山菜の季節が楽しみである。

 

 

<行事カレンダー>

 

お知らせ

  蓼科ビレッジ新社屋完成

              を迎えて

   2021年初夏の挨拶

   オーナー会新型コロナ対策

             について

   関東地区新年会 実施報告

   蓼科地区新年会 実施報告 

  蓼科地区新年会のご案内

    関東地区新年会のご案内

  お江戸散策のご報告

  小津の散歩道のご報告

  代表就任の御挨拶

蓼科便り

 蓼科山日記63  長野県ご当地

         のマンホールの蓋

  今どき咲く木の花

  蓼科のバラ

  蓼科山日記62   アナグマ

  蓼科山日記61

   2022 春ジョウビタキの子育て

  お手軽スノーシュー(9

             R299日向木場

  お手軽スノーシュー(8)

           車山スキー場

  雪壁

  雪の小海線

 蓼科山日記60

       2022年1月蓼科 冬

  コハクチョウ

  タヌキ(続き)

  タヌキ

  蓼科山日記59

       2021年蓼科紅葉

  蓼科山日記58

       2021年蓼科初秋

 クロスズメバチの巣の除去

 蓼科山日記57

       2021年蓼科花便り

  シカに注意

  車山のコバイケイソウ

  レイズドベッド

 環境通信(18)

 蓼科山日記56

            2021年蓼科高原初春

  自己紹介 からまつ平 MOG 

 蓼科山日記55

        2021年 蓼科冬鳥

  蓼科山日記54

  2021年 蓼科から望める峰々

  キレンジャク

  蓼科山日記53  にしきのリス

  フクロウ

  蓼科山日記52

        2021年 蓼科の冬

  干し柿(追加訂正)

  干し柿

 蓼科山日記51 

         2020入笠山晩秋

  蓼科山日記50 蓼科高原の秋

  アキアカネ

  蓼科山日記49 

        八子ヶ峰秋の気配

 蓼科日記48 飯盛山夏の花

 夏を彩る蝶たち

  蓼科山日記47  蓼科7月の花

 蓼科山日記46  蓼科 杜鵑峡

  リスの衣替え 

  春ゼミ

  蓼科山日記45 

      2020年5月蓼科の花

  餌のひとりシメ

  蓼科山日記44 高原はもう春

  お手軽スノーシュー(7)車山

  蓼科山日記43 車山スキー

  蓼科山日記42

       別荘地トレッキング見学

 蓼科山日記41  2019年晩秋

 蓼科山日記40  2019年秋

 キツツキ

 クリ

全体区画図
allblock.pdf
PDFファイル 3.2 MB

<相互リンク>

 蓼科会